司法書士・弁護士に債務整理依頼するメリット~受任通知の威力~

債務整理というのは、その気になれば本人が自分で法的手続きを行うことが出来ます。とはいっても、法律のことを何も知らない素人が実行するのは困難であり、法律のプロである弁護士・司法書士に依頼するというのが通常のプロセスです。

もちろん、これには手続きがスムーズになるというメリットがありますが、それ以上にプロに依頼することで得られるメリットがあります。実は債務整理を依頼した人の大半が、本当に良かったと強く実感することです。

それは借金返済の義務から解放されるということです。

受任通知を送付した段階で返済の義務がストップする

弁護士や司法書士は、債務者から債務整理の相談を受けると、その事実を文書で業者に通知します。この文書は受任通知と呼ばれますが、受任通知を受けた金融業者が支払いを督促するのは、金融庁のガイドラインで禁止されています。昔はいざ知らず、今は無理に取り立てる業者はいないので、この時点で請求がストップします。

従って、受任通知後は業者からの督促を心配することなく生活することが出来ます。これは心理的に非常に大きいです。

借金が膨らんだ人は、何年にも渡り返済のためのお金を工面することで頭がいっぱいの生活を続けることになります。これは相当なストレスで、まともな生活を過ごすのも難しくなります。

この不安から解放されることで、心が穏やかな生活を送れるようになります。

支払いの中断

受任通知をした段階で、借金の返済は中断されます。債務整理を検討する状況に追い込まれた人の場合、毎月、収入の半分を返済に回しているといったあり得ないぐらいの返済負担をしているものです。この負担がなくなるので、生活の再建を図ることが出来ます。

債務整理後は借金が減額されるか、無くなるかして負担は少なくなるので、もう二度とこのような支払いをすることはありません。

債務整理というのは、受任通知を発送した時点で解決したと思って間違いありません。あとの交渉は弁護士・司法書士が代行してくれますし、仮に交渉が長引いたとしても、その間は返済負担がゼロなわけですから、なんら問題ありません。

だからこそ、悩まずさっさと相談したほうがいいわけです。完済の目処がつかないのに、返済を続けるのは苦しみを伸ばすだけです。その場合には、プロに相談するようにしましょう。

受任通知のデメリット

良いこと尽くめの受任通知ですが、あえてデメリットをあげるとすれば、通知が発送された時点でブラックリストに載るので、新たな借り入れは出来なくなります。

クレジットカードを作ること、住宅ローンを組むことも出来なくなります。

ただし、これらは日常生活を送るうえで支障をきたすことではありません。目の前の借金を返せるかどうかという状況では、家を買うなんてことも夢のまた夢ですし・・・

そう考えると、実害を及ぼすデメリットはないと言えます。

タイトルとURLをコピーしました